Overview

■ごあいさつ

~For The World Highest Quality~ お客様からのご支援とご協力の中、2000年より神戸ポートアイランドを拠点とした新たな生産体制とサービスに取り組んでまいり、今日、ブランドの新たな可能性がお客様のニーズにより、様々なかたちで開かれようとしております。私たちは、社会から必要とされる商品の品質・供給・開発・コストパフォーマンス・サービスを更に充実させ、最高のパフォーマンスで社会貢献でき得る企業を目指してまいります。

■商  標
■商  号
■工場・営業部
〒650-0047 神戸市中央区港島南町5丁目4-13 Tel:078-306-1007 Fax:078-306-1008
■資 本 金
8,000万円(2010年4月現在)
■役  員
会長
霜下 浩章
代表取締役社長
霜下 賢一朗
取締役
霜下 るみ子
取締役
廣田 吉康
取締役
廣田 真美
取締役
霜下 充子
■業 務 内 容
医療・医薬・試薬・理化学用硝子製品(強化硬質試験管)及び理化学器械器具(環境試験機、分析装置)の製造、加工、販売、研究、輸出入。 医薬、試薬、理化学用ゴム、プラスチック製品(パッキング、栓、キャップ、キュペット、カップ、コンテナ等)の製造、加工、研究、輸出入。※上記業務においての主な得意先は、医療機器業界、医科機械業界、理化学業界、教育機器業界、製薬メーカー、臨床診断薬、試薬メーカー、病院、研究室、学校等、多方面にわたる。
■取 引 銀 行
三井住友銀行六甲支店 阿波銀行神戸支店  みなと銀行 他

【沿  革】

1965年1月
伊丹市寺本1-105に伊丹工場を竣工。生地管販売業に加え、成型加工分業を設立し、操業を開始。
1965年10月
国産初の試験管・ワクチン瓶の「全自動機械成型」による量産化に成功。
1966年 3月
「強化ガラスの製造工法」の技術開発に成功。
1978年12月
薬事法に基づく「G ・ M ・ P 自主適合工場」に改造。
1979年 4月
伊丹市寺本1-114に「営業本部・工場」を開設し、業務を拡張。
1980年 6月
「管瓶の全自動One Line System」による設備増設。
1981年 7月
「試験管の全自動One Line System」による設備増設。
1986年 9月
旧通産省60年度技術改善費補助事業研究の成功を収める。 低アルカリ瓶の製造販売を開始。
1988年10月
「日電理化硝子株式会社・全国代理店会(ネプレ会)」発足。
1990年12月
旧通産省平成2年度技術改善補助金の交付を受ける。 (ガラス容器の表面処理に関する研究に取り組む)
1991年 8月
本社(本店所在地)を、神戸市灘区に移転。
1992年 2月
日本医科器械商工団体連合会より、医療機器販売適正事業所認定を受ける。
1994年 9月
日本医科器械商工団体連合会より、医療機器販売適正事業所認定を受ける。
1995年
阪神淡路大震災により被災するが、同年4月、全面改装工事を完了、 9月には、大型ガラス管瓶成型機の本格稼動を再開。
1999年 8月
営業本部・工場を、神戸市中央区港島南町(神戸ポ−トアイランド)に、 伊丹市より全面移転。設備を増設し、業務を拡張。
2000年
新工場の本格的な稼働により、業務を拡張。
2001年 4月
P試験管の製造・販売を始める。
2001年10月
瓶大型成型機及び印刷機を導入。
2002年 1月
自動検査・包装機を導入。
2003年10月
新製品 水質検査瓶(WT-150)の製造・販売を始める。
2004年
目盛付バイアル<水質検査瓶>(WT-110)の製造・販売。
2007年 9月
目盛付バイアル(GV-10・15・25・50)の製造・販売を開始。
2012年 7月
バージンキャップバイアル(VCV-30・VCV-50・VCV-70)の製造・販売を開始
オンラインショップ
  • トップページ
  • 会社概要
  • 工場案内
  • 代理店所在地
  • リクルート
  • お問い合わせ

  • 新製品紹介
  • 製品案内
  • 関連資料
  • 商品検索

推奨ブラウザ
当社ホームページ内では、お客様に快適にご利用していただくために、以下のブラウザを推奨しております。

Internet Explorer 7.0以上
Firefox 3.6 以上
Safari 2.0 以上